かけ算の筆算をマスターする2つの方法

教育
プロフィール
この記事を書いた人

バナ子ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

管理人のバナ子です。

*教員歴15年(正規教諭10年、非常勤講師5年)
*2児の母(小1男子、年中女子)
*趣味は編み物(かぎ針編み)

教育・子育て・趣味に関しての情報や日々の想いを発信していきます。

バナ子をフォローする

バナ子といいます。

教員15年生、特別支援教育に携わって5年目です。

  • 2けた✖️2けた以上の計算になると、位がずれてしまう!
  • くり上がりはわかってるけど、どこに書けばいいの?
  • かけ算にも途中のたし算にも繰り上がりがあって、もう頭グジャグジャ!

そんな筆算のお悩みに応えます。

誰でも簡単!即実践可!

今回のポイントは2つ。

  • 罫線入りプリント、方眼ノートの活用
  • くり上がりメモ欄を作る

たったこれだけで、ぐんと間違いが減り、自力解決が可能になります。

なぜ筆算の間違いが起きるのか

九九はしっかり覚えている、たし算やひき算を正確にできる子でも、かけ算の筆算は間違うことがあります。

なぜかというと、それは「手順が多いから」

3ケタ✖️3ケタともなると、合計9回の九九を解き、さらに途中にくり上がりがあったり最終的に3口のたし算…

そのうちに、どこまでやった?次はどこに書くの?ということが起こりがちです。

集中力、注意力が持続しにくい特性の子は尚更で、問題を見るだけで「もういや!」となってしまうことも。

解決策

①数字の住所をはっきりさせる

位を揃えて書くことが難しい子は、とにかく罫線付きプリントや方眼ノートに筆算を書いて解くこと。

宿題などで出されたプリントや計算スキルなどは罫線無しの筆算が書かれていることもありますが、その場合は筆算用の方眼ノートを用意したり、補助線を書いてあげたりすることで対応可能です。

次はどこに何を書けばよいのか視覚的にわかれば、迷子の数字をなくすことができます。

②くり上がりコーナーを固定する

さらに「くり上がりコーナー」も固定することで、くり上がりのたし忘れや重複して足す事をなくせます。

初めのうちや特に支援が必要な場合は、大人が補助線を引いてあげます。

色分けしてやると見やすいと思います。

くり上がりを書く場所が定着してきたら、補助線がなくても解けるようになります。

くり上がりを書く場所は先生によって指導の仕方が違いますが、私は計算する段ごとに、最後の3口たし算のくり上がりも最終段に書かせるようにしています。

そして計算し終わったくり上がりは、バツや二重線で消すようにすると、重複して計算することを避けられます。

罫線入りプリントでの学習。 青い補助線が「くり上がりコーナー」
計算済みのくり上がりは二重線で消しています。

「これなら自分で解ける!」という自信を育てよう

「筆算ができるようになる」というゴールは1つでも、そこまでにたどり着く道や方法はたくさんあるし、人と違ってもいいのです。

「たくさんあるお助けのなかから、これを使ってやってみよう」

「このお助けがあれば自分で解けるよ」

「正しく計算できるようになったよ!」

計算力とともに、自信も育てていきたいと日々思っています。

特別な道具は必要ありません。

定規とペンで、困っている子どもの手助けをしてあげましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました